×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


介護福祉資格試験

介護福祉/介護福祉 資格 /介護福祉 資格試験 /介護福祉 資格取得 /

介護福祉資格試験


スポンサードリンク






介護福祉資格試験は、少子高齢化社会などの社会的背景で、
今、注目を集めている人気の資格試験です。

●介護福祉系の国家資格:

介護福祉士 、社会福祉士 、精神保健福祉士

●介護福祉系の公的資格:

福祉住環境コーディネーター検定試験、 ホームヘルパー 、
ケアマネージャー 手話通訳士 、ガイドヘルパー 、福祉用具専門相談員

●介護福祉系の民間資格:

手話技能検定 、サービス介助士 、音楽療法士、
点字技能検定 、視覚障害生活訓練等指導員
福祉事務管理技能検定試験 、福祉レクリエーション・ワーカー 、
ケアクラーク技能検定試験 介護食士

ただ、合格率がだいたい25%と意外に低く、資格試験の問題も比較的難しいために、
資格試験介護福祉関係の受験を考えているのなら、
早めに資格試験の対策を取る必要があるでしょう。
そんな資格試験介護福祉関係の勉強法を少しだけ解説してみようと思います。
資格試験介護福祉関係の資格を取得するポイントは、
偏りがないように勉強することにあります。
というのも、筆記試験において13もの科目から出題されるのですが、
まんべんなく点数を取る必要があるからです。

つまり、13科目のうち1科目でも0点を取ってしまうと、
トータルでは合格基準点を上回っていたとしても、不合格となってしまうからです。

介護福祉関係の資格取得のために必要な13科目とは、
医学一般・精神保健・介護概論・介護技術及び形態別介護技術・社会福祉概論
・老人福祉論・障害者福祉論・リハビリテーション論・社会福祉援助技術
・レクリエーション活動援助法・老人/障害者の心理・家政学概論、となっています。

資格試験介護福祉関係の出題傾向としては、1科目から数問しか出題されませんので、
浅くて広い知識を得られるように勉強していきます。
資格試験介護福祉関係の基本的なところを勉強したら、
予想問題集や過去問を徹底的に解きましょう。
実際の出題傾向を見ておいた方がいいということと、
実際の問題を解くことで試験問題を解くテクニックを磨く必要があるからです。

関連サイト
   
今さら聞けない!バイトの見つけ方1(基本編)

今さら聞けない!バイトの見つけ方2

内職斡旋にはどんなものが?

バレア内職について?

資格取得するとなぜ良いか?

資格の種類(国家資格と民間資格)

人気資格ランキングをのぞいて見ると・・・

転職時に役立つ資格とは

資格取得の最短は専門学校で

資格取得に便利な通信講座

資格取得「ユーキャン」について

資格取得のための効率的な勉強方法1

資格取得のための効率的な勉強方法2

女性向け資格取得

インテリアコーディネーター資格試験






〜〜 サイトのご案内 〜〜
◆美容関係◆


◆健康関係◆


◆ブランド関係◆

◆就職・転職関係◆


◆ファッション関係◆


◆旅行関係◆

◆保険関係◆

◆住宅・不動産関係◆

◆育児関係◆

◆料理関係◆

◆ショッピング関係◆

◆結婚関係◆

◆福祉関係◆

◆家電関係
◆娯楽・趣味関係◆

◆インターネット関係◆
◆季節もの関係◆


◆ローン・クレジット関係◆


◆話題・その他関係◆